<samp id="jlvaq"><button id="jlvaq"></button></samp>

<p id="jlvaq"><big id="jlvaq"></big></p><button id="jlvaq"></button>

<samp id="jlvaq"><option id="jlvaq"></option></samp>

<del id="jlvaq"></del>

<del id="jlvaq"></del>
<p id="jlvaq"><listing id="jlvaq"></listing></p><p id="jlvaq"></p>

<p id="jlvaq"><big id="jlvaq"></big></p>
<p id="jlvaq"><big id="jlvaq"><del id="jlvaq"></del></big></p>

<p id="jlvaq"><big id="jlvaq"><label id="jlvaq"></label></big></p>
<p id="jlvaq"></p>
<p id="jlvaq"><big id="jlvaq"><label id="jlvaq"></label></big></p>

サステナビリティ

サステナビリティ関連の評価、実績

世界的なサステナビリティインデックスに選定

 財務的な視點に加え、環境?社會?ガバナンス(ESG)の非財務の視點から企業の持続可能性(サステナビリティ)を評価し、長期的視點で投資を行う責任投資が拡大しています。その責任投資の指標として、世界ではさまざまなサステナビリティインデックスが利用されています。シスメックスは持続可能性が高い企業として、多くのサステナビリティに関連するインデックスに選定されています。
  • Dow Jones Sustainability World Index(2016年度より)
  • Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index(2012年度より)
 米國のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobeco SAM社が共同開発したESG投資インデックス。企業のサステナビリティを「経済?環境?社會」の側面から評価し、総合的かつ先進的な取り組みを行っていて、長期にわたり持続的な成長が期待される企業を選定している。
World Indexは、世界の上場企業が対象。Asia Pacific Indexは、アジア太平洋地域の上場企業が対象。
  • FTSE4Good Index(2008年度より)
FTSE4Good Index
 英國ロンドン証券取引所グループのFTSE Russell社が発表しているESG投資インデックス。世界主要企業の一般に公表されている情報のみを用いたESG評価に基づいて、優れた企業を選定している。
  • FTSE Blossom Japan Index(2017年度より)
FTSE Blossom Japan Index
 英國のFTSE Russell社が、ESGについて優れた対応を行っている日本企業を選定している。國連の持続可能な開発目標(SDGs)を含む國際基準から導出されたFTSE4Good の組み入れ基準を活用している。
  • MSCI ESG Leaders Indexes(2011年度より)
  • MSCI SRI Indexes(2013年度より)
MSCI ESG Leaders Indexes
 米國モルガンスタンレーグループのMSCI社(モルガン?スタンレー?キャピタル?インターナショナル社)が開発したESG投資インデックス。評価対象企業の産業の特徴を踏まえ、各インデックスの重要度の高いESG課題に絞り込んだ評価に基づいて企業を選定している。
 
  • MSCIジャパンESGセレクト?リーダーズ指數(2017年度より)
MSCIジャパンESGセレクト?リーダーズ指數
 米國MSCI社のESG投資インデックスの一つ。日本株の時価総額上位500銘柄の中から、各業種の中でESG格付けが相対的に高い企業を選定している。
  •  MSCI日本株女性活躍指數(WIN)(2017年度、2019年度、2020年度)
MSCI日本株女性活躍指數(WIN)
 米國MSCI社のESG投資インデックスの一つ。日本株の時価総額上位500銘柄の中から、各業種の中で性別多様性に優れた企業を選定している。
 
  •  S&P/JPX カーボン?エフィシエント指數(2018年度より)
S&P/JPX カーボン?エフィシエント指數
 米國のS&P Dow Jones Indices社が、TOPIX(東証株価指數)をユニバースとして、環境情報の開示狀況、炭素効率性(売上高當たり炭素排出量)の水準により構成銘柄の投資ウエイトを決定した指數。
 
  •  ISS ESG 「Prime」 status(2019年度より)
ISS ESG「Prime」
 ISS ESG(米國の議決権行使助言會社世界大手Institutional Shareholder Services社のESG投資関連ソリューション事業ユニット)により提供される、サステナビリティ格付における評価。ESGの観點から、業界內で高い評価を得た企業が「Prime」として認定される。
  • Ethibel Excellence(2011年度より)
  • Ethibel Pioneer(2014年度より)
Ethibel Excellence
 ベルギーの非営利団體Forum Ethibelが開発した投資インデックス。企業の社會的責任の観點から高いパフォーマンスを示している企業を選定している。PioneerとExcellenceの2種類があり、Excellenceに選ばれた企業の中から、さらに優れた企業がPioneerに組み入れられる。
  • Ethibel Sustainability Index(ESI)(2015年度より)
Ethibel Sustainability Index(ESI)
 Ethibel Excellenceに選ばれた企業の中から、浮動株時価総額などの制約條件に基づいて、構成されているインデックス。
 
  • Global 100(世界で最も持続可能な100社)(2012年、2016年、2017年、2021年)
Global 100
 カナダのコーポレート?ナイツ社が選出する、持続可能性の高い企業上位100社。世界経済フォーラム年次総會(ダボス會議)にあわせて毎年発表される。
  • Euronext Vigeo Eiris World 120 Index(2018年度より)
Euronext Vigeo Eiris World 120 Index
 米國や歐州で多數の証券取引所等を運営するNYSE Euronext社(米國)とESG調査會社であるVigeo Eiris社(フランス?英國)が提攜して開発した指數で、歐州?北米?アジアパシフィック地域における、ESGの取り組みに優れた企業上位120社が選定される。
 
  • SOMPOサステナビリティ?インデックス(2018年度より)
 SOMPOアセットマネジメント株式會社が設定するインデックス。ESGの取り組みに優れた企業約300銘柄が選定される。

その他の評価、表彰

2017−2019年度 実績

2020年

2月
  • 第23回環境コミュニケーション大賞 優良賞(環境報告部門)受賞(「シスメックス サステナビリティデータブック 2019」)
  • 経済産業省より優良な健康経営を実踐している法人として、「健康経営優良法人2020~ホワイト500~」の選定

2019年

11月
  • 令和元年度 近畿地方発明表彰を受賞
  • 保健醫療情報交換のための標準規格であるHL7への貢獻について「HL7 Standards Implementer Award」を受賞(シスメックス ニュージーランド)
9月
  • Brandon Hall Groupが開催する「Excellence in Learning Awards 2019」にて「Best Customer Training Program」銀賞を受賞(シスメックス ヨーロッパ)
7月
  • 「新規糖鎖マーカーを用いた肝臓の線維化診斷技術」において、第44回井上春成賞を受賞
5月
  • FOCUS-Businessが主催する「Top Employer SME 2019」醫療機器カテゴリーにて8位に選定(シスメックス ヨーロッパ)
4月
  • 上海浦東地區より「Outstanding Contributions to Ecomomy」を受賞(シスメックス 上海)
  • Quest Diagnostics社が主催する「Supplier Excellence Awards」を受賞(シスメックス アメリカ)
3月
  • NZHIT イノベーションアワードのファイナリストに選定(シスメックス ニュージーランド)
  • 「Companies That Care Honor Roll 2019」に選出(シスメックス アメリカ)
2月
  • 経済産業省より優良な健康経営を実踐している法人として、「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」の選定
  • 第22回環境コミュニケーション大賞 優良賞(環境報告書部門)受賞(「シスメックス あんしんレポート 2018」)

2018年

12月
  • 第6回WICIジャパン統合報告優良企業賞「統合報告奨勵賞」を受賞
11月
  • 平成30年度 近畿地方発明表彰を受賞
  • Harvard Business Reviewが発表する「The Best-Performing CEOs in the World 2018」にて9位に選定
10月
  • シスメックス マレーシアが「HR Asia Best Companies to Work for in Asia 2018」に選定
  • 働きがいのある會社「Great Place to Work」(韓國トップ100)に選定(シスメックス コリア)
5月
  • 平成30年春の褒章において「紫綬褒章」を受章
3月
  • 「Companies That Care Honor Roll 2018」に選出(シスメックス アメリカ)
  • 経済産業省より優良な健康経営を実踐している法人として、「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」の選定
2月
  • 第21回環境コミュニケーション大賞 優良賞(環境報告書部門)受賞(「シスメックス あんしんレポート 2017」)

2017年

11月
  • 超解像蛍光顕微鏡が「2017年度 グッドデザイン金賞」を受賞
  • Harvard Business Reviewが発表する「The Best-Performing CEOs in the World 2017」にて18位に選定
10月
  • シスメックス アジア?パシフィックが「HR Asia Best Companies to Work for in Asia 2017」に選定
8月
  • 「Forbes The World's Most Innovative Companies 100社(27位)」に選定
6月
  • 「Work & Family in 2017」を受賞(シスメックス ヨーロッパ)
4月
  • 平成29年度文部科學大臣表彰 科學技術賞を受賞
茄子直播app破解不限次数黄,1024最新地址网址2018,佐山爱ed2k